クレンジング

化粧していなくてもクレンジングしたほうがいいの?

クレンジング

化粧していなくても クレンジングしたほうがいいの?

「今日はメイクをしていないから、汚れていない」
そう思っている方いませんか?
それは間違いです。

肌は一日過ごすことで、ほこりや排気ガス、古い角質がべったりとついています。
これらの油分を落とさずにしてしまうと、肌の上で雑菌が酸化し過酸化脂質が作られるのです。
過酸化脂質は、肌老化の原因となります。

ニキビや吹き出物が出たり、毛穴の詰まりからくすみやたるみといったものに繋がり兼ねます。
ですので、余分な油分はクレンジングで落とすことが必要です。

ノーメイククレンジングがオススメな理由

クレンジングはメイクを落とすだけではありません。
洗顔では落ちにくい油分を、落としてくれる働きがあります。

上記でも説明したように、メイクをしていない状態でも肌には油分の汚れがいっぱいです。
そして忘れやすいのが、すっぴん時にも使用する基礎化粧品や日焼け止めの成分です。
これらにも油分が含まれているのを忘れていませんか?

特にウォータープルーフの日焼け止めは、肌への密着性が強い油のため洗顔では落としきれないものが多いです。
また、ダブルクレンジングでないものは、クレンジングの油を流しきれないこともあります。

その後の洗顔には界面活性剤により、残ったクレンジングの油分を乳化し浮かして落とすことができるので、洗顔までしっかりとすることを心掛けましょう。

化粧していないのにクレンジング?ツイッター上の口コミをご紹介!

ノーメイククレンジングのデメリット

クレンジングでオフされるものは、主に3つあります。
汚れ、皮脂膜(皮脂+汗)、NMF です。
クレンジングをすることでのデメリットとして気をつけたいのが、皮膚に必要な保湿成分までも流れてしまうことです。

角質を保護している皮脂膜やNMFには、水分の蒸発を防ぎうるおいを保つ役割があります。
必要以上に流してしまっては、乾燥肌になりやすくなるので避けたいですね。
ほかにも、紫外線や細菌といったものも入りやすくなるので注意が必要です。
肌へストレスを与えないためにも、自分の肌にあったものやその日の過ごし方によってタイプを変え、その後の保湿を怠らないようにしましょう。

すっぴん用のクレンジングって何かありますか?

すっぴんの日には、洗浄力が弱いタイプのものを使用しましょう。
おすすめのタイプは以下の3つです。

  • ローションタイプ
  • 水溶性ジェル
  • ミルクタイプ

ローションタイプは洗浄力が特に低いものが多く、肌に優しいです。
ですがコットンで使用するものや、シートに含まれているものもあるため摩擦による肌ダメージに気をつけましょう。

水溶性のジェル、ミルクタイプはさっぱりとした使用感です。
油分の配合が少ないため界面活性剤を多く含みます。

BBクリームなども落とすことができるので、すっぴん時だけでなく普段から化粧が薄い方には1本持っているとよいでしょう。

すっぴん用は、オイルや油性ジェルほどの洗浄力は必要ないので、上記のものがおすすめです。

さいごに、おすすめのクレンジング方法を紹介します。

  1.  クレンジング剤を清潔に乾いた手に取る。
  2. Tゾーンの皮脂が多い部分から始め、目元、頬、口元、落とし忘れやすい首まで、くるくると回すように落とす。
  3. ぬるま湯から少しぬるいかな?と思う程度の温度で洗い流す。
  4. 清潔なタオルで顔を包み込むように優しく拭く。

クレンジング剤は、転相という効果で汚れを落とすため、塗れた手で使用するものも多いので、注意書きをしっかりと読み正しい方法で使用しましょう。

また、使用量は表記通りに取り、ケチらずたっぷりと使用することで摩擦による肌ダメージを軽減できるので大切です。

肌にストレスを与えないように、優しくクレンジングを心掛けましょう♪

 

error: Content is protected !!